最も重要なFXの売買タイミング

外国為替のチャートには上がれば下がる、下がれば上がるこれの繰返しになっている事が理解できます。この単純なパターンを読み切る事が出来れば、FX取引で大きな利益を生み出すことが出来ます。もう一つのチャートの特徴は、上がり下がりの繰返しと、長いスパンで見た場合の上昇トレンドと下落トレンドが形成されており、それらのトレンドを理解し読み切る事が出来れば、FXで最も重要な買いタイミング売りタイミングを、比較的容易に判断することが出来ます。為替変動には必ず底値から上昇へ、天井値から下降へのそれぞれの転換点があり、その読みが出来るかどうかがFX勝負の分かれ目になります。理想は底値から上昇を始める直後に買い建て、が近くなった時点で売り抜ける、逆に天井から下降に転じる直後に売り建てし、底値に近くなったら買い戻すこれが出来れば大きな利益を得る事が出来ます。


<逆張りで大きな利益を>

FX取引で、底値が近いと判断した場合に新規買いを行い、底値から転換点を過ぎ上昇に転じ天井が近いと判断すれば売り抜ける、この逆張りは底値で買える可能性が高く大きな利益を得る事ができますが、予定通り転換点がこないで下がり続けて損失を出してしまうリスクも負うことになります。底値から上昇に転じた後買いを入れ、天井近くで売り抜ける順張りがリスクが少なくて済みますが、利益は小さくなります。