FXで黒字を出すならスプレッドは狭く!

取引コストであるスプレッドの仕組みを知れば、FXで黒字を出すのは難しいことではないということがわかります。
FXは一度の大きな取引ではなく、小さな取引の繰り返しです。
そのため、取引コストはとても重要になります。
その仕組みを、スプレッドと一緒にご説明いたします。


【FXで黒字が出る仕組み】

黒字を出すには、買値より売値のほうが高いときに売ればよいのです。
当たり前のことですが、意外と納得しませんか?
もちろん、チャートの動きを読むことなど分析は学ばなければいけません。
しかしそれ以前に、商売の基本である「安いときに買い、高いときに売る」を堅実に続けることで黒字を増加することが出来るでしょう。
レバレッジを高くすれば、それはより簡単に行うことが出来ます。


【小さい黒字はスプレッドから】

上記の理由から、買値と売値はあまり差が無いほうが好ましいです。
そして、その2つの差のことがスプレッドと呼ばれる用語の1つです。
FX会社によってスプレッドには違いがあるので、出来るだけ狭い会社を選んだほうがより効率的に黒字を出せると言うわけです。
売値が買値を超えた時点で売りを続けていれば、わずかですが黒字になっていきます。
コツをつかんだら、少しずつ(ここ重要)資本金とレバレッジをあげて取引に慣れていきましょう。